e-Broad
BALLOON EVENT INFO
ABOUT BALLOON BALLOON STAFF EVENT VINYL CONTACT US LINK

VINYL


record  TITLE  HANGING TOUGH (12inch)
 ARTIST  BOARD OF DIRECTORS
 COMMENT

78年はNEW YORKからの、GROUPなんですが、
LOFT定番、WINDY CITY/WNID CITY THEMEにも似た、一度聞いたら忘れられない印象的なホーンセクション。そこから突き進み、一瞬、FUNKYかと思わせたら、綺麗目のピアノが流れていくとゆう、INST DISCOの最高傑作。

中盤のBREAKには、BOOGIEなハンドクラップも入り、後半のギターソロがまた渋く、まず、どのジャンルの人も虜にしてしまう事、確実。こうゆう盤と出会えるから音好きは、やめられない。

コアな海外DJたちにも一目置かれている一枚。おそらく毎回、PUSHしてPLAYすると思います。尚、UKのDISCOサイト、millon dollar disco.comに掲載されている自身のMIX SHOWの一発目がこれです。DOWNROAD出来ますので、興味がある方は、是非、聞いて下さい。
BACK NUMBER

Kiyoshi Urano
 



record  TITLE  DIN DA A DAA (12inch)
 ARTIST  GEORGE KRANTZ
 COMMENT

僕がこの曲を初めて聞いたのが約19年前ぐらいかな〜
映画『break dance』で流れてた。衝撃やったなー、主にドラムトラックとコーラスだけの構成やけどむちゃくちゃ黒いGrooveが有る!

ダンサーにも人気が有りイベントなんかではよく使ってるけどいまだに僕自身テンション上がる曲。
必ずレコードバックには入ってる。この映画のサントラ自体いろんな意味でかっこええし映画自体も影響受けた人多いと思う。 そう珍しくないレコードなのでぜひチェックして欲しい。
BACK NUMBER

Eiji shimamoto
 



record  TITLE
I GOT MY MIND MADE UP?(12inch)
 ARTIST  INSTANT FUNK
 COMMENT

NYサルソウルを代表する8人組ファンク・バンド。

1971年PHILADELPHIAにて結成し今回紹介すVINALは1978年にR&Bチャート1位を獲得した、 I GOT MY MIND UP(YOU CAN GET IT GIRL)デ・ラ・ソウルのA ROLLER SKATING JAM NAMED‘SATURDAY’の元ネタにもなっている。

今回12インチで紹介しましたが、アルバムも聞いてもらいたいですね・・多分ベスト盤も出てるはず。
BACK NUMBER  

Kiyo-G
 



record  TITLE  SPREAD LOVE  (12inch)
 ARTIST
AL HUDSON AND THE SOUL  PARTNERS
 COMMENT

『永遠のHAPPY系MASTER PIACE!!』

『Alton McClain&Destny / Crazy Love』と双璧をなすHAPPY系GARAGE最高峰 。 そう!この『BALLOON WEBSITE』トップ画面で流れてる曲です!

79年にONEWAYに名前を変えたAl Hudoson&The Soul Partners。変名以降は80年代初期のB級FUNKブームの波に乗って、FUNK色の強いグループに。『Cutie Pie』なんかは今でもウェッサイで人気の一枚76年〜変名までのAl Hudoson名義でリリースしてる3枚のLPは、2nd LP収録この曲3rd LP収録HAPPYFEETなどなどHAPPY系もまあまあ多い。

雰囲気はハイサウンド、フィリー色が強いかな。 まぁでもこの曲を差し置いて他には無いでしょうよ。12inchバージョンはイントロが3分近くある6分37秒の大作。でもそのながさを感じさせない泣きの1曲なのであります。現場で使うときもイントロ部分を延々聴かせたいんやけど要所要所変速ビートでになるんでかなりDJ泣かせ。

HAPPY系から未だウェッサイに人気の曲までその才能を遺憾なく発揮したグループなのであります。
BACK NUMBER

Hirokichi Hirata
 



record  TITLE  AFETR THE RAIN (LP)
 ARTIST  FRANK STRAZZERI
 COMMENT

今回、僕が選んだのは、Frank Strazzeriの1976年にリリースされたアルバムAfter the RainのCloudburst。

最初のイントロはPianoから静かに始まりと思ったら、意気の良いDrumが入って来て、そのブレイクが物凄くカッコいい。曲的には、黒いけど時には心地良いフルートが入ってきたり激しいBassが交じり、かなり波がありますねぇ。
もう最後のFlugelhornとCongas,Percussionのからみ最高に気持ちがよく、やられます!

この曲はBalloonの1回目と2回目にもかけました!
あまり知られないと思うんですが、是非とも聞いてもらいたいですね。

Nobuyoshi Tomioka
 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BACK NUMBER

record  TITLE  SADIE (12inch)
 ARTIST  JOE BATAAN
 COMMENT

僕がDISCO,GARAGEにはまるきっかけになった一枚。
Salsoulレーベル第一弾アーティストJoeBataanの1980年の作品。

この曲との出会いはヒロキチ氏のMixsCDで初めてお目にかかりました。 そして耳にした時ビビビ…っと衝撃が走り,こんなかっこいい曲があったのかぁ〜と思いすぐにレコード屋に走り購入した時の嬉しさはたまらなかったです。

まずドラムとパーカッションの共演そしてJoeBataanとJocelyn Brownとの声の掛け合いは最高です。当時Inner Lifeというグループでボーカルとして名曲を多く世に出してきたJocelyn Brown。
彼女の歌声は優しくて力強く引き込まれていっちゃいます。

あまり目立たないですけどこの曲のベースラインがFunkyでかっこいい!
一度この曲を聞いてみてらきっとハマるはず。
BACK NUMBER

Jyunichi Matsuoka
 
BALLOON EVENT INFO
e-Broad
copyright